レポート

From waze
(Redirected from How to Report jp)
Jump to: navigation, search
Back to Waze Version 3.5

The report option enables the user to pass along information to other Wazers about upcoming issues or incidents on the road ahead.

レポートする

レポート機能を使用するには、GPS機能をオンにしインターネットが受信できる状態にしてください。

レポートするには、レポートボタンを押してください。

GassP2.jpeg

今、レポートした位置と時間は保存されましたので、もし同乗者で送信ボタンを押してレポートを送信してくれる方がいなければ、後で ボタンを押すことでレポート画面を最小化できます。


3alertHowLater.png

Report35P.jpeg


レポートを完了させる為には、画面左のレポートアイコンを押すだけです。


レポートの種類

渋滞

TrafficAlertN.PNG


レポートボタンを押したままで、 1alertHowBTN.png 左にスライドしてください。:

Report35P2.jpeg

ここで渋滞の種類を選べます。:

  • ModIcoNew.png - 混雑
  • HeavIcoN.png - 渋滞
  • StandIcoN.png - 大渋滞 - この大渋滞を選ぶにあたっては、車のバンパー同士が近い状態、また一台分の車の移動が10分もしくはそれ以上の時間がかかるとき、そして交差点にいないときにご使用ください。 (信号のある交差点).
  • ShareDtlN.png - この渋滞の詳細を記入する。
  • RecordVcN.png - ボイスメッセージを録音する。
  • MyLanNew.png OtherLanNew.png - 自分の走っている車線か反対車線かを選ぶ。
  • TakePicEvent.png - この渋滞の写真を撮る。

取締り

3alertHow.PNG

ここでは取締の種類を選べます。:

  • VisOrHiddenPol.png - 通常の取締り
  • VisOrHiddenPol.png - 覆面の取締り
  • ShareDtlN.png - このレポートの詳細をシェアする。
  • RecordVcN.png - ボイスメッセージを録音する。
  • MyLanNew.png OtherLanNew.png - 自分の車線か、反対車線かを選ぶ。
  • TakePicEvent.png - この取締の写真を撮る。
  • GroupEventP.png - このレポートをグループでシェアする。

事故

AccidentRepN.PNG

ここでは事故の種類を選べます。:

  • MajorAccN.png - 軽度 (車の軽い傷、また軽度の怪我。)
  • BigMajorAcc.png - 大きい (車の大きな傷, 重傷またはそれ以上)
  • ShareDtlN.png - この事故のレポートをシェアする。
  • RecordVcN.png - ボイスメッセージを録音する。
  • MyLanNew.png OtherLanNew.png - 自分の車線か反対車線かを選ぶ。
  • TakePicEvent.png - この事故の写真を撮る。
  • GroupEventP.png - このレポートをグループでシェアする。

警告

HazardAlertN.PNG

ここでは危険の種類を選べます。:

  • OnRoadHazaN.png - 路上の警告

HazardAlertN4.PNG

  • ShoulderHazN.png - 路肩の警告

HazardAlertN3.PNG

  • WeatherHazN.png - 天気

HazardAlertN2.PNG

  • ShareDtlN.png - レポートの詳細を記入
  • RecordVcN.png - 音声メッセージを録音
  • MyLanNew.png OtherLanNew.png - "進行方向" と "対向車線" を選ぶ。
  • TakePicEvent.png - 危険物等の写真を撮る
  • GroupEventP.png - グループにこのレポートを送信する

ガソリン価格

ガソリン、ディーゼル、軽油の値段をシェアする為には、以下のリンクの説明を読んでください。 Here


ルート検索への影響

これらのレポートはルート案内には影響しませんが、 渋滞 のレポートが送信された場合、 ルート案内のサーバーがWazerが位置するGPS速度の情報を読み取り、現在の道路の速度をリセットします。その際、新たに別のユーザーがルート案内を開始した時に、その現在の道路状況に即した速度が考慮されます。そうでなければ、数多くの”レポート”がルート案内に反映されなくなるからです。